| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メタボ人口・・・日本人の場合

メタボは単に体重が何kgなのかだけでなく、
お腹周りがどれだけでているかという点が注目されます。


それはなぜかと言うと、内臓脂肪というものは直接お腹周りに
反映するからなのです。


メタボの診断基準は、腹囲が男性の場合は85cm、
女性の場合は90cm以上で、高血糖、高血圧、脂質代謝異常が
あるかどうかを調べます。


もしもその中であてはまるものが1つ該当する場合は、
メタボリックシンドローム予備軍と考えられます。


そして2つ以上の項目に該当する場合は、メタボリックシンドローム
と考えられるわけです。


平成18年の国民健康調査では、年齢別メタボリックシンドロームと
その予備軍の患者数の割合が統計として出されています。


それによると、メタボと思われる患者数は、40~49歳の男性が19.3%、
メタボ予備軍が25.5%もいるとされています。


女性の場合は、メタボ患者数が3.1%で、メタボ予備軍が2.2%です。


50~59歳になると男のメタボ患者数は25.1%、メタボ予備軍が
27.1%と増加し、女性の場合もメタボ患者数が8.4%、
メタボ予備軍が11.3%と増加していきます。


そして、60~69歳の男性メタボ患者数は26.5%で、
メタボ予備軍が27.5%。


そして女性メタボ患者数は16.4%で、メタボ予備軍は9.7%となります。


さらに70歳以上の男性メタボ患者数は、28.7%となり、
メタボ予備軍は23.6%です。


女性メタボ患者数は21.5%で、メタボ予備軍は8.5%です。


この統計からわかるように、男性の場合は40歳を過ぎる頃から
メタボリックシンドロームの患者、及び予備軍が50%近くを占める
という結果が出ています。


これは男性の場合は2人に1人、女性の場合は5人に1人が
メタボの危険性があるということになります。


このような結果を踏まえ、さまざまな病気を引き起こす前に
内臓脂肪を減らす努力が必要ですね。
スポンサーサイト

| メタボとは | 21時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタボとは?

メタボ、メタボとよく言いますが、そもそもメタボリックシンドロームというのは
どういう意味なのでしょうか?


メタボリックシンドロームは英語でmetabolic syndrome 、
日本語では代謝症候群などと訳されます。


日本では一般的にメタボやメタボリックなどど短縮して呼ぶことが
多いのですが、メタボリックシンドロームがどんな病気なのかは、
意外と知られていないようです。


メタボは簡単にいうと、内臓脂肪型肥満の人が高血糖や高脂血症、
又は高血圧を合併した状態のことを言うんです。


内臓脂肪型肥満の人は、次第に動脈硬化をおこし、
さまざまな重い病気になりやすいのです。


しかし、今までは肥満症、高血圧など、ひとつひとつ別の病気の名前が
つけられていました。


しかし今では、それら一つ一つの病気が独立して起こっているのではなく、
肥満、特に内臓に蓄積された内蔵脂肪型肥満が原因となって、
さまざまな病気を引き起こしていることがわかってきたのです。


メタボは日本では2006年頃に広く認知されるようになってきて、
その年「メタボリックシンドローム」が流行語大賞を受賞しました。


メタボに関しては、2004年4月に発足したメタボリックシンドローム
診断基準検討委員会で討論を重ね、日本での診断基準を決定しています。


それをもとに医療制度改革のひとつとして、2008年4月から
健康診断が「メタボリックシンドロームの予防と改善」を
目指して行われることになったわけです。


メタボは、世界でもWHOやアメリカなどで診断基準が設定されていますが、
国や地域によって生活習慣や人種などの違いを考えなければならないので、
それぞれ診断基準が違っています。

| メタボとは | 20時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。