FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メタボと内臓脂肪型肥満

メタボを起こす引き金には内臓肥満があげられます。


そもそも肥満には「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」というのがありますが、
この「内蔵脂肪型」の肥満の場合は、メタボ予備軍か
メタボリックシンドロームにかかっている危険性があるといわれています。


メタボの危険がある「内臓脂肪型」の肥満というのは、
特に中年以降の男性に多いといわていますが、下半身というよりは
お腹周りを中心に全体的にぽっちゃりしている体型が特徴的です。


今までよくビール腹ともいわれていましたが、ウエストがどーんと
出ていていわゆるリンゴ型の肥満体型のことです。


このような肥満の場合は、よく上半身が太っていて、
足は細かったりもします。


内臓肥満は、CTで腹部の断面をチェックし、内臓脂肪の面積が
100平方cm以上の場合に内臓脂肪型肥満と診断されます。


内臓の周囲に脂肪が多くついているこの内臓脂肪型肥満は、
最近の医学の研究によって同じ肥満の中でも、
特に生活習慣病と関係があることがわかってきています。


その生活習慣病とは、おそろしい動脈硬化や糖尿病などです。


また、メタボというと見た目に太っている人ばかりが注目されますが、
決して太っているようには見えなくても、お腹だけがぽっこり出ている人は
実は要注意だともいえるのです。


他にも、運動不足や無理なダイエットの反動からも内臓脂肪は
増えるので、「隠れ肥満」である人が結構いるのも現実です。


今のところ生活習慣病と診断されていなくても、十分注意が必要なのです。

| メタボの原因 | 20時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://metabotaisakuyobo.blog55.fc2.com/tb.php/4-3dfb4a36

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。