FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メタボと皮下脂肪型肥満

メタボに大きく起因する肥満のタイプは、内臓の周りに脂肪が付く
「内臓脂肪型肥満」という話をしましたが、もうひとつの肥満のタイプに
「皮下脂肪型肥満」というものがあります。


この皮下脂肪がつきやすいのは、どちらかというと男性よりも女性で、
つきにくい脂肪なのですが、その反面一度つくとなかなか落ちないので
厄介な脂肪です。


メタボの多くが内臓脂肪型肥満の人と考えられているので、
皮下脂肪型肥満ならメタボは安心と考えがちですが、
女性の場合、皮下脂肪がつくとともに内臓脂肪も付きやすい
という傾向があるので、十分な注意が必要なのです。


皮下脂肪は洋ナシ型肥満とも言われ、特に下腹、お尻、太ももなどの
下半身につきやすい脂肪です。


もちろん皮下脂肪は人間が生きていく上で、ある程度必要なものです。


ですから皮下脂肪が少なすぎても、決して健康的とはいえませんので、
異常に皮下脂肪を落とそうとするのは逆に危険ですから注意してください。


また、メタボリックシンドロームは、お腹がぽっこりしている人が
要注意と考えがちですが、血糖値や中性脂肪値又はコレステロール値、
血圧などで2つ以上正常値を超えるものがあれば
メタボ診断基準になるわけです。


ですから、皮下脂肪型肥満の人もメタボは安心というわけにはいかず、
血液検査の数値を注意する必要があるのです。


また、メタボは生活習慣が起因するので、今回のメタボ検査で
メタボリックシンドロームの予備軍にも入らなかった人でも、
今後の生活習慣のよっては皮下脂肪型肥満が進んだり、
内臓脂肪型肥満になる可能性も充分にあるわけです。


ですからこれを機にメタボリックシンドロームというものを
しっかり理解して、今後メタボ予備軍やメタボにならないように
生活習慣に気をつけていきましょう。

| メタボの原因 | 20時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://metabotaisakuyobo.blog55.fc2.com/tb.php/5-42f01e63

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。