≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メタボチェック 自分の生活習慣から診断

メタボリックシンドロームは、お腹が出ている人というイメージが
強いのですが、意外にあまり太ってはいないような人にも多いのです。



しかしそのような場合、健康診断などで血圧や血液検査をしないと
数値として見えてこないので、自分がメタボかどうかがわからない
ままでいます。



また40歳未満の人は、健康診断にメタボリックシンドロームの
検査項目にないので、自分自身で生活習慣をチェックして
メタボの危険因子がないか調べてみると良いでしょう。



以下のチェック項目にいくつあてはまるのか見てみましょう。



①おへその周りが男性85センチ以上、女性90センチ以上ある

②食事をお腹いっぱいになるまで食べる

③甘いもの、塩辛いものなど味付けの濃いものが好き

④揚げ物や肉が好き

⑤夕食が遅くなりがちで朝食は食べないことが多い

⑥1日の歩数は1万歩以下である

⑦間食をする、又は家に買い置きがある

⑧定期的に運動をしていない

⑨最近体重を計っていない

⑩食事で野菜を食べるような意識はしていない。



さて、あなたはいくつあてはまりましたか?



●0~1個の人はとりあえずメタボリックシンドローム安全圏です。


●2~4個の人はメタボリックシンドローム警戒圏です

 体重を計っていなかったり、意識して食事のメニューを考えていない人は、
 メタボに向かって一気に状態が進行する可能性がありますよ。


●5~7個の人は、すでにメタボリックシンドローム予備軍です。

  今すぐ生活を改善し、メタボを回避してください。


●8個以上は、見事にメタボリックシンドロームです!

 できるだけ早く病院で診断を受けたり生活を改善するという
 必要がありますよ。

| メタボ診断基準 | 13時33分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタボチェック 診断基準は?

メタボの診断基準とは、どういったものなのでしょうか?



メタボリックシンドロームの診断基準は、まずウエスト周りの
測定です。



計る場所はウエストの一番細いところでなく、へその部分の周りです。



このウエストの周りが男性の場合は85cm以上、女性は90cm以上
ある場合には内臓脂肪が蓄積されている疑いがあります。



もし、あなたのウエストの周りのサイズが、この数値以上あった場合には、
男女ともビックリすることに10c㎡以上の内臓脂肪があるのだそうです。



そしてメタボと判断されるのには、この内臓脂肪のほか「高血圧」
「脂質異常」「高血糖」の項目のうち、2項目以上に当てはまる場合です。



まず「高血圧」は血圧測定で、収縮期の血圧が130mmHg以上、
拡張期血圧85mmHg以上のケースです。



次に「脂質異常」ですが、これは中性脂肪値が150mg/dl以上、
HDLコレステロール値が40mg/dl未満のケースです。



そして「高血糖」に関しては、空腹時の血糖値が110mg/dl以上
あるケースです。



そしてメタボが危険であるという理由は、こうした一つ一つの病気
というよりは、いくつかの病気が合併して発症するという点です。



そのような病気が合併して発症すると、動脈硬化や心臓血管系など、
命にかかわるような病気になる可能性があるのです。



仮に今、メタボの診断基準にあてはまるものが1つで、
メタボリックシンドローム予備軍であったとしても、
メタボの症状というのは、まるでドミノのように次々と表れるので
「メタボリックドミノ」と言われるほどなのです。



ですからメタボ予備軍の人も、しっかりとメタボ対策をしていく
必要があるのです。

| メタボ診断基準 | 17時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタボ検診と積極的支援

メタボ検診でメタボリックシンドローム予備軍と診断された人は
「動機付け支援」が行われますが、メタボリックシンドロームと
診断された場合は「積極的支援」が行われます。


この「積極的支援」とはメタボ予備軍の「動機付け支援」にプラスして、
定期的、そして継続的に支援を行っていくものです。


「積極的支援」は継続的に行っていくことで、行動目標を修正しながら
メタボの改善をはかっていくものです。


「積極的支援」の最初の面談では、1人20分以上、
またはグループで行う場合は8人以下で80分以上の充分な時間をとり、
「特定保健指導支援計画」を作成していきます。


「特定保健指導支援計画」は、対象者の行動をふまえ、
より実現できる行動目標と行動計画を考えるもので、
この計画に基づき3ヶ月以上の期間にわたり定期的に支援していくのです。


この定期的な支援には2つあり、1つは「積極的関与タイプ」
といって行動計画の実施状況を確認し、中間評価などを行い、
実践的な指導を継続するものです。


もうひとつの支援は「励ましタイプ」というもので、実践的な
「積極的関与タイプ」の支援とは対照的に、こちらの支援では
ほめたり励ましたりしながら支援していくというものです。


どちらの支援もポイント制ということが厚生労働省健康局で決定
されましたが、電話支援で15ポイント、メールで5ポイント獲得となり、
このポイントが180ポイントになるまで支援を続けることになるのです。


そして6ヶ月間でどれだけ設定した行動目標が達成され、
生活習慣の改善ができたか、そして身体的にメタボが改善されたか
などの確認を行っていきます。

| メタボ検診とは | 15時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタボ検診と特定保険指導

メタボ検診は、全国の市町村で導入された40歳から74歳の
保険加入者が対象の健康診断です。


メタボリックシンドローム検診はすでに2008年4月からスタート
しましたが、このメタボ診断でメタボリックシンドロームと
診断された場合は、どうなるのでしょうか?


残念ならがメタボという診断を受けた場合には、医師、保健師、
管理栄養士などの専門家による「特定保険指導」
というものが行われます。


この「特定保険指導」とは、重篤な病気にかかる前に
病気になりそうな人を早期発見し指導することを目的に行われています。


つまりメタボ検診で出た結果を元、悪い生活習慣を見直して、
今後の生活習慣を一緒に見直していこうというものなのです。


「特定保険指導」の初回の面接では、メタボ改善のために
今後の行動目標を考えていきます。


長い間で見に身についた生活習慣を変えるのは、
けっして簡単なことではありませんが、指導によって対象者自身が
具体的な目標を立てられるように支援してくれます。


また、メタボリックシンドローム予備軍と診断された人には
「動機付け支援」というものを行います。


この「動機付け支援」は個人又はグループで行い、メタボの知識や
メタボが体に及ぼす影響などを理解してもらいます。


その上で生活習慣を変えるメリット、デメリットを明確にして、
食事や運動などによる具体的なメタボ改善指導を行い、
対象者が行動目標に近づけるようにサポートし
一緒に行動計画表を作成していくのです。

| メタボ検診とは | 21時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタボ検診の内容

メタボ検診が2008年4月から始まりました。


このメタボリックシンドローム検診は、通称メタボ検診といわれていますが
正式名称は「特定健康診査」又は「特定保健指導」といいます。


メタボ検診は40歳から74歳の保険加入者が対象となっていて、
全国の市町村で導入された健康診断です。


検査項目は全部で7つあり、糖尿病や高血圧をはじめとする
生活習慣病の予防を目的として、メタボリックシンドロームに注目し、
メタボに該当する人とメタボ予備軍になる人を抽出して、
改善を促すといったものです。


メタボ検診の1つめは「問診」で、生活習慣や行動習慣を問うものです。


2つめの検診は「診察」で、CTスキャンなどをとった場合は
それを見ながら説明を受けるというものになります。


3つめの検診は、身長、体重、腹囲、肥満度、BMIを計る「身体測定」
ですが、今までの身体測定と違いのは、腹囲を計るところですね。


4つめの検診は、メタボリックシンドロームの診断基準の1つともなる
「血圧測定」です。


5つめの検診は「血液検査」です。


この血液検査では中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、
y-GTP、血糖、HbA1cの数値を調べます。


6つめ検診は尿糖や尿タンパクの有無を調べる「尿検査」です。


最後7つめの検診は、病院や医師の判断で行う検査で心電図、
貧血検査、眼底検査などがあります。


今まであった胸部X線検査などの項目が削除され、
逆にメタボを重点的に検査する項目になっています。

| メタボ検診とは | 22時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。